七月のこども達の様子

7月に入っても雨の日が続きましたが、こども達はピロティで元気に遊んでいました。特に鬼ごっこではただ走り回るだけでなく、見つからないところに隠れたりと自分たちで考えて遊んでいました。室内では一年生同士でボードゲームする姿があり、先生達がいなくても自分達で進めて楽しんでいます。夏休みに入り、とても蒸し暑い日が続きましたが、こども達は赤公で鬼ごっこをして走り回って汗だくになって遊んでいます。今年の梅雨明けは例年より遅く、セミが鳴いていないため、夏恒例のセミ採りもまだできていません。梅雨明けが待ち遠しい7月でした。

夏休みに入り水曜日はお昼ごはんづくりをしました。
7月24日(1班)はチャーハン、味噌汁、お新香、ゼリーを作りました。
一番大変だったのはチャーハンづくり、41人分のごはんと材料にこども達はびっくり!ホットプレートで炒めたチャーハンをお椀につめて、お皿にひっくり返して、お店のようなチャーハンになりました。
チャーハンづくり

7月31日(2班)は餃子定食をつくりました。タネを手でまぜ味が均一になるように頑張りました。みんな真剣な表情で職人のように餃子を包んでいました。

夏休み遠足「科学の祭典)
7月27日、夏休み最初の遠足に行ってきました。
到着後、皆で昼食を食べてから見学です。女の子たちは人気の「リップカラーを作ろう」の抽選に並び、一方男の子は、せみの抜け殻をもらっていました。その後は、各フロアに別れ、大きなシャボン玉に入ったり、バイクの運転体験をしたりと、思い思いに楽しんでいました。
みんなで集合写真

おおきなシャボン玉